スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2009.08.20 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

プロポーズ大作戦 第9話 「最後の一瞬に何を賭けますか」

10,000HIT達成!!!
読んでくださってる方々、ありがとうございます^^
2ヵ月とちょっとでこれは私的にとても嬉しい、移転前のブログじゃ最初は全然だったからね(苦笑)
暑いけど、皆さんこれからも頑張りましょうww(意味不明な唐突っぷり)



さてラストの前の前の9話。


健は、多田が礼にプロポーズした日の写真へ最後のタイムスリップ!!
タイムスリップしたその場所は、丁度仕事中の時。
健は新入社員で、上司の安田とホワイトボードの売り込み営業中w
なかなか売れずにいたところで、『こんなことしてる場合じゃない』と抜かし出て行ってしまう。
それを安田がベタに引き止め、健は仕事を抜け出せず‥‥。(当たり前)
安田から今週のノルマの件を知らされ、健はやる気を出した。

そんな時、他のみんなはというと‥‥。
幹雄は夢を目指して下積みっぽい仕事を、ツルは何故かそれを手伝っていて、礼は多田に「一緒に来て欲しい場所があると」言われ、其処へ‥‥。
そんなみんなの現状からかエリは、自分だけ‥‥と不安を口にする。(ここでフラグ発生)


中途半端ですけど、あらすじは諸事情でここまでww


予想通り変わらずです‥‥。
もうねぇ、多田と健じゃ格が違うって感じだよ〜。
テストの残りの時間の話に、とっても共感した。
礼への気持ち(テストの答え)を何度も何度も確かめた→気持ち(〃)は変わらない。
テストと礼の気持ちのリンク具合とか最高。
多田の言うことが最もすぎて、健が途中で出て行ったのが最高にハマってるシーンです私的に。

そんな飛び出して行った健くんは、「ケンゾーは何も分かってないよ」と礼にやっぱり言われてしまいます。
抱きしめたところで、礼の気持ちはもう多田と一緒なわけですよ。
う〜ん‥‥、せつなさMAXなシーンとでもいうべきか‥‥。

そして帰ってきた健ですが、何故かまだ写真は残っていたのです。
健が幹雄に、最後の写真がプロポーズの日なんて!!‥‥と、理不尽な文句を言ったため、未来が変わったわけ。


来週最終回でもいい感じだけどね。
あとは、健の落とし所をどうするのかってところ。
エリとツルの幸せを願いつつ、残り2話を楽しみに観ていこっと(笑)




 にほんブログ村 テレビブログへ


プロポーズ大作戦 公式サイト


【CAST】
岩瀬 健 ・・・ 山下 智久
吉田 礼 ・・・ 長澤まさみ

奥 エリ  ・・・  榮倉 奈々
榎戸幹雄  ・・・  平岡 祐太
鶴見 尚  ・・・  濱田 岳

伊藤松憲 ・・・ 松重 豊

妖精   ・・・  三上博史(特別出演)

多田哲也  ・・・  藤木 直人


主題歌 ・・・ 「明日晴れるかな」桑田佳祐
(タイシタレーベル/
 スピードスターレコーズ


LIAR GAME 〜ライアーゲーム〜 #09

密輸ゲーム始まりました!!


言わばトランプゲームのダウトと同じと言えば同じで、敵国にある自分たちのお金を、それを阻止しようとする相手国の検査官の目を欺き密輸することが出来ればいいわけ。
その敵国にある4億にも及ぶ自分のお金を持ち出すのは容易なことではなく、当然リスクも伴う。

チーム分けされた直、秋山、フクナガらの「水の国」と謎の男・ヨコヤのいる「火の国」。
この2つのチームの出だしは対照的だった。
リスクを気にするあまり密輸出来ない水の国に対し、火の国はどんどん密輸を成功させていく。
そんな流れを切ったのは、やはり秋山。
ダウトを言えるだけの度胸を見せたことで、形勢は逆転する。

どんどんと密輸を成功仕出す水の国の前に、謎の男・ヨコヤが立ち塞がる。
簡単に密輸を成功し、そして検査官として直と対峙。
不気味な笑みを浮かべながら直を罵倒し、自らの力を明かす‥‥超能力を。
彼は透視が出来るという。
それが本当ならピンチだが、5001万・5002万と立て続けに当てていく。

彼の透視には、何かトリックがあるんだろうか?
このライアーゲームってのはめちゃくちゃなゲームだけど、その騙し合いの部分は良い意味でも悪い意味でもとても人間臭いよね。
それなのにいきなり超能力とか出てきて、何か違くないか?と思う次第です。
だからやはりトリックがあると思う。
あの目か‥‥、あの指輪か‥‥、あの麻薬っぽい?のは何なんだと‥‥ww


そしてこの後、ちびキノコが豹変しますwww
ちびキノコ=オオノは、どうしたことかすんなり密輸を阻止。
必勝法があると言っていたオオノが2回連続で成功、直たちにその方法を話すと思いきや、いきなり顔に似合わず威張り始め独裁者宣言‥‥!!

あらら‥‥、ヨコヤの言葉が脳裏を過ぎるね(苦笑)
オオノの気持ちは分かるんだけどね。
他の人が知らない何かを発見した時、自分だけの秘密にしておきたいというか、『何で俺が見つけたのにお前らにも教えなきゃいけないんだよ』みたいな感じになるものさ、しかもこの状況下。(誰もがそうとは言わないけど)



ただねぇ、こんなオオノの独裁っぷりも来週は霞むようです。
何せ、秋山が暴走するわけですから‥‥。
ヨコヤが秋山に何を話すのかは分からないけど、まあ秋山が怒るようなことは1つしかない‥‥マルチ関連のこと。
谷村がヨコヤさんと呼ぶほどだから、なんかそれなりの凄いヤツなんだろろうな。
(役には合ってるから良いけど、鈴木一真はやっぱ苦手‥‥)


余談ですけど、元祖・キノコが今週はツボでしたww
いつもは主導権を握ってるフクナガが、何も出来ずじまいな感じ‥‥失礼ながら最高です。
来週のちびキノコとのシーンが楽しみ(笑)



LIAR GEME 公式サイト

先週の感想


【CAST】
神崎直  … 戸田恵梨香

秋山深一 … 松田翔太

谷村光男 … 渡辺いっけい

エリー  … 吉瀬美智子
神崎正  … 福井友信


帰ってきた時効警察 最終回なわけで‥‥

ある意味らしい終わり方だったけど、ほんとに地味な最終回だったww

結局、霧山は何だかんだで三日月を大切な存在だと思ってるんだろうね。
今回もはぐらかされたがパート3があるならそろそろはっきりして欲しい、三日月がかわ
いそうだからさ。

餃子の匂いのする井戸は何だったんだ〜w


最後まで観てきたけど、残念ながら前作ほどの面白さは感じなかったなぁ。
ちょっと捻りすぎ感もあったし、意味が分からんシーンも更にまして「?」って感じで(苦笑)
だからレビューを途中から書かなくなったんだけど‥‥。

それでも随所随所で笑わせてくれたし、まあパート3に期待しておきましょう。




 にほんブログ村 テレビブログへ



【CAST】
霧山修一朗 ‥‥ オダギリジョー

三日月しずか ‥‥ 麻生久美子

十文字疾風 ‥‥ 豊原功補

熊本…‥岩松了
又来‥‥ふせえり
サネイエ‥‥江口のりこ
真加出‥‥小出早織
下北沢‥‥大友みなみ
吉祥寺‥‥星野奈津子
神泉‥‥永田良輔
諸沢‥‥光石研


久しぶりに特急田中3号

なんていうか‥‥、無駄の多いドラマだなぁとw


それに必然性が感じられないシーンも多い。
今回で言えば、わざわざ亀梨和也をキャスティングする意味があったのかと‥‥。
いやそりゃファンにとっては嬉しいだろうけど、視聴率のテコ入れとCD宣伝と捉えられても不思議じゃない。
他にも展開がぶつ切りすぎて、まとまりが無いっつーか。
それは、男3人の話がそれぞれにあるからなのかもしれないけど。



まあ愚痴はさて置き‥‥(苦笑)、今回は三島最低なお話ww
こういうヤツってウザいよなぁ、苦悩してる姿とか余計に。
結局、コイツはあの妊娠した子と結婚とかになるんだろうさ。

あとは一郎と照美だが、あのキスが今後にどう影響するのかな‥‥。




 にほんブログ村 テレビブログへ


わたしたちの教科書 第九話 「大逆転の重要証人」

九話の展開としては、裁判でピンチに陥っている原告側の珠子が、逆転への切り札=ジョーカーによって形勢逆転の様相を呈していくといった感じでした。


それでそのジョーカーっていうのが、熊沢だったわけです。
ドラマ的にも私的にもジョーカーは吉越だと思っていたら、終盤になってそうじゃなかったと。
「FLYING ELEPHANT」というクラブに吉越は熊沢に連れて行かれただけで、その熊沢は娘を連れ戻すためにそのクラブに行ったと‥‥。

熊沢が最後に真実を語るまでの流れが良かった。
珠子に言われて涙を流し、多分、娘のこととポーのことも頭にあったんだろうね‥‥ちゃんとその前に伏線がありつつ語り始める。

熊沢役の佐藤二朗さんの演技が素晴らしかった。
この方は喋りが達者な役が多いけど、この作品では無口な感じで新しい役どころで観ていて新鮮。
そんな熊沢が涙を流しながら語りだすその様の迫真ぶり‥‥普通にのめり込んで観てしまっていた。
ちょっと目頭が熱くなった‥‥。


ポーのエピソードも重いなぁ、いやそれでいいんだけど。
酷いね髪切るとか、しかも女の子だよ?
そのポーはそのいじめの相手も悩みを抱えていることを知っていて、仕方ないと納得しちゃってる?のがまた観ていて辛いところです。
自分が辛いからっていじめで発散とか、ふざけんなって話だ‥‥!!



完全に逆転裁判ですなぁ、やっぱあのポスターには意味があったんだ(笑)

学校側はどうするだろうか‥‥。
雨木が裁判の勝ち負けはどうでもよくて学校を守ることが大事って言ってたけど、保身にしか見えないなぁ。
学校を守るっていうのは学校に傷がつかないようにするためであり、生徒を守るっていうことではないよね、雨木の場合は。
音也が人を刺したっていうのはビックリした、息子のことに比べたら生徒たちのことなんてどうでもいいというか真実を知るのが怖いんだろうか‥‥。

次週は兼良陸が証人で登場かな。
やっぱりこの手の子供の親は、ああいう盲目タイプが多いね(苦笑)
珠子は果たして真実を語らせることが出来るのか、注目ですね。


そういえば一度も主題歌について何も触れてこなかったですけど、この曲はドラマに合っていて良いです。
ボニーピンク自体も好きなので、最近やっと一般的に知られるようになって嬉しい。
今日のMステでこの曲歌うみたいなので、気になる方は是非。




 にほんブログ村 テレビブログへ


わたしたちの教科書 公式サイト


Water Me
Water Me
BONNIE PINK


【CAST】
積木 珠子(30) ・・・・ 菅野 美穂

加地 耕平(24) ・・・・ 伊藤 淳史

大城 早紀(27) ・・・・ 真木 よう子
吉越 希美(25) ・・・・ 酒井 若菜
戸板 篤彦(29) ・・・・ 大倉 孝二
八幡 大輔(25) ・・・・ 水嶋 ヒロ
熊沢 茂市(45) ・・・・ 佐藤 二朗
雨木 音也(20) ・・・・ 五十嵐 隼士
宇田 昌史(30) ・・・・ 前川 泰之
大桑 久雄(40) ・・・・ 戸田 昌宏
日野 圭輔(?) ・・・・ 小市 慢太郎

瀬里 直之(36) ・・・・ 谷原 章介

藍沢 明日香(14) ・・・・ 志田 未来

雨木 真澄(53) ・・・・ 風吹 ジュン


≪2年3組≫
仁科 朋美 ・・・・ 谷村 美月
山田 加寿子 ・・・・ 鈴木 かすみ
須藤 彩佳 ・・・・ 柳田 衣里佳
山西 麻衣 ・・・・ 伊藤 沙莉
野部 千春 ・・・・ 山本 ひかる
兼良 陸 ・・・・ 冨浦 智嗣
本多 雅樹 ・・・・ 池田 晃信

洋食屋『ぶらじる』コック ・・・・ 土田 アシモ
洋食屋『ぶらじる』おばちゃん ・・・・ よしの よしこ


バンビ〜ノ! 〜Bambino!〜 #08 「デザートの魔法」

今回のエピソードが、今までで1番好きかもしれない。


第8話では、伴が左腕を怪我したドルチェ担当の織田のサポートをすることになるところから話が始まる。
なんで俺なんだ?と考える伴だったがプラスに考え、ドルチェを学ぶぞ!!と気合を出して臨んだが‥‥。
手伝おうとして容器に触れた瞬間、織田に突き飛ばされたのだ。
その後も伴は何をしていいのかも分からず、時間だけが過ぎていく‥‥。


そんな中、大人な3人の談話に入れてもらった伴は、織田の秘密を知ったのだ。
ここの3人のシーンに伴を入れて、ちゃんと効果的に使ってくるあたりはさすが岡田脚本。
それでその知った秘密とは何かというと、織田がこのバッカナーレに来た経緯とドルチェは他の料理とは違うということ。
織田は人付き合いが苦手で人前にも出たがらない。
そんな織田がコンクールに出展した作品を見た美幸が、スカウトしたっていうわけ。
鉄幹のあの信頼ぶりからして、相当美味しいんだろうなぁ〜。

その話を聞いた伴は織田の凄さを知り、次の日、メレンゲ作りを始めたのだが‥‥。
出来たメレンゲを織田に見せるとなんとそれを捨ててしまったのだ、「使い物にならない」と‥‥‥。
落ち込む伴。
そんな伴に、あすかのアドバイス。
その後、雅司のアドバイス(笑)も一応影響したのか、店に戻った伴。
そこであるノートを見つけた。
そこには、デザートのレシピがぎっしり丁寧に細かく書かれていた。
そこでようやくドルチェの基本、織田の凄さを知る伴‥‥。
次の日、作ったメレンゲを織田に見せると、無言のまま料理に使ってくれた。
要は合格ってこと!!
ここから伴と織田の、奇妙ながらイイ関係を見せつけられます(笑)


『卒業』
例の如く織田は何も言わないが、何となく目が潤んでる気がしたのは気のせい?

ドルチェを卒業したはずの伴だったが何か思いついたのか作り始めた、‥‥ティラミスを‥‥・。
次の日、織田が店に行くと、伴の書いたメモとティラミスが置いてあった。
それを見た織田は、鉄幹に何かを言いに‥‥。
ホールに戻った伴が配られたメニューを見るとそこには、「ティラミス・バンビーノ風」と書かれていたのだ。
その作られた品を見た伴の笑顔、そして織田が初めて見せた笑顔‥‥。(スピンオフでは笑っていたけどね)



良いエピソードだった。
人間関係の難しさはあれど、リスペクト出来るところがあるかどうか‥‥。
確かにそうだと思うけど、人間関係は本当に厄介なモンですよ(苦笑)
そんな織田との人間関係で悩んでいた伴は、徐々に織田に対しての考えであり接し方が変わっていく。
仕舞いには彼の行動が、最後に織田に笑顔をもたらした‥‥なんて良い話なんだ(泣)

ほっしゃんも頑張ってるよね。
このキャスト観た時大丈夫か?って思ったけど、喋らないのもあっていい味出してる。
しかも連ドラの中でメインの回があるなんてさすがだよ(笑)

そんな織田が何かから開放されたかのような、今回のスピンオフ。
本編とは違い喋りまくりです!!(本編で喋らせないのは正解だわ、色んな意味で)
こずえとの新展開がありそうな予感、まんざらじゃない顔のこずえが怪しいし(笑)
最後に付き合ってるとかはあるかもしれないな、雅司撃沈w




 にほんブログ村 テレビブログへ


バンビ〜ノ!公式サイト


【CAST】
伴 省吾(21)‥‥松本 潤

与那嶺 司(35)‥‥北村一輝

日々野あすか(23)‥‥香里奈 

香取 望(28)‥‥佐藤隆太

織田利夫(34)‥‥ほっしゃん。
妹尾雅司(20)‥‥向井 理
皆川こずえ(20)‥‥小松彩夏
永井寛和(32)‥‥佐々木崇雄
高梨宏太(27)‥‥佐藤佑介
柴田謙一郎(27)‥‥麻生幸佑

宍戸美幸(31)‥‥内田有紀

遠藤 進(60)‥‥山本 圭
高橋恵理(21)‥‥吹石一恵

桑原 敦(35)‥‥佐々木蔵之介

宍戸鉄幹(55)‥‥市村正親


主題歌:嵐 「We can make it!」


プロポーズ大作戦 第8話 「年越しに流す涙は本物ですか」

う〜ん、この回はよく分からん(苦笑)
特筆すべき点も無いし、マンネリもいいところだし。


結局のところ、5人の友情ですか?
うん、友情はいいもんですよ(笑)

肝心のお二方ですが、もう何も言うことナシ。
来週プロポーズするんでしょ?
それでどうなるかは分からないけど、2人の現在は変わらないに一票。

あのさあ今更思ったんだけど、山下智久って演技が微妙すぎるね。
次週の予告の最後のセリフ聞いた?
あんな棒読みじゃ冷めるぞ、観てる方は。


マイナスな事ばっか書いたけど、別につまらなくはなく普通に面白いけども、やや後半になって停滞感が出てるって感じかな。
こっから盛り上げないとパッとしない終わり方になっちゃうから、最後の追い上げにに期待ってところ‥‥‥。




 にほんブログ村 テレビブログへ


プロポーズ大作戦 公式サイト


【CAST】
岩瀬 健 ・・・ 山下 智久
吉田 礼 ・・・ 長澤まさみ

奥 エリ  ・・・  榮倉 奈々
榎戸幹雄  ・・・  平岡 祐太
鶴見 尚  ・・・  濱田 岳

伊藤松憲 ・・・ 松重 豊

妖精   ・・・  三上博史(特別出演)

多田哲也  ・・・  藤木 直人


主題歌 ・・・ 「明日晴れるかな」桑田佳祐
(タイシタレーベル/
 スピードスターレコーズ


LIAR GAME 〜ライアーゲーム〜 ♯08

今回の第8話、直が一皮剥けたって感じのエピソードでした。



他の参加者を、生かすも殺すも直次第な展開。

秋山の策通りまずは、Mチケットの7000万×7の借金をチャラにするため票の売買をする。
借金はチャラになったが、秋山は参加者全員の残金全てを手に入れようと票の売買を続けた。
そんな光景を見た如何せんあの性格の直ちゃんは、全員が幸せになれる方法は無いかと考えた結果、ある行動を起こした。
票の売買を秋山から引き継いだのだ。


そして、最後の投票の時間がやってきた。
直の持つ5票に参加者の運命が左右されるということもあり、直に自分に入れてくれと迫るが、直は強い言葉で誰に投票するかはもう決めてあると言い、投票を終えた。
そして投票の結果はと言うと‥‥。
最後に残ったのはフクナガとエトウで、リストラされたのはなんとエトウ


先週自分が予想していたのはこれね↓
予告では直と秋山に亀裂とあったけど、何となく展開は読める。
自分だけ助かって他の人が不幸になるのは嫌だという直に、マルチの親玉はダミーだと告げられ見境無い非常な秋山。
そして票の売買を引き継いだ直が勝利後に、みんなにお金を返すっていうパターンだろうよ。
そして、次のゲームに直は自分の意思で参加って感じかな。


お金を返すっていう点は正解。
だけど、1番直が落とさないであろうエトウを最下位にするっていうパターンは想定していなかった(苦笑)
そうなって初めて、エトウをライアーゲームから抜けさせるんだなって分かったけども。
面白いのが、直は全員が幸せになれる方法はないかと考えていたけども、表面上幸せになれたのはエトウだけってところだよね(笑)
幸せの概念は人それぞれだが、全ての人が幸せになれる方法なんてのはこの不完全な世の中じゃまず無いだろうって自分は思うけど‥‥。
ていうかエトウは直の優しさに苦悩してたから、実質誰一人幸せでも何でも無い直の自己満足に終始していたって感じ?(苦笑)

そして‥‥、地獄の3回戦に向かった直と秋山、そして他の参加者。
このあとの展開は全く想像出来ません、この手のドラマはやはりそこが面白い。
新たなキャラも出るようです。
鈴木一真‥‥私的には微妙。



ああ〜そういえば記事にするのを忘れていたけど、最終回が3時間スペシャルみたいで‥‥これはかなり嬉しいです♪

3時間スペシャルでは、怒涛の展開が待つ結末はもちろん、“ライアーゲーム”が開催された理由をはじめとする多くの謎が明かされていく新たに制作されたサイドストーリーをベースに1話〜10話までのストーリーも一挙放送します。

公式サイトに上記のように書いてあるんだけど、過去の話を振り返るのに時間を割きすぎて、実質1時間で良かったよって思わせない内容であることを願ってます。
北大路欣也さんも出演するみたいで、‥‥凄すぎる(笑)
いや〜華麗なる一族に出演なら別になんとも思わないが、このドラマに出るとは驚きですよ。
それでその演じるハセガワって人が、レロニラなのかな?
それだと自分の予想は外れるけども‥、ほんと今から最終回が楽しみです。




いっけいさんが生徒諸君!と違って素敵だと思った人↓
 にほんブログ村 テレビブログへ


LIAR GEME 公式サイト

先週の感想


【CAST】
神崎直  … 戸田恵梨香

秋山深一 … 松田翔太

谷村光男 … 渡辺いっけい

エリー  … 吉瀬美智子
神崎正  … 福井友信


わたしたちの教科書 第八話 「第2部!!法廷対決」

裁判が始まりました。
予想通りの展開の中、原告側と被告側の争いが繰り広げられます。


やっぱ裁判のシーンは良いなぁ
証人と原告側・被告側とのやりとりからなる、表情からも見て取れる心境の変化、両者とも相手のペースにさせまいと上手く潰しあっていく様。
今回は、被告側のペースだったけどね。

法律ドラマは医療ドラマと並んで好きだけど、弁護士っていう職種ははっきりいって嫌い。
日々、法曹界の現実を知っていく中でそう思うところが多い。
フィクションの世界に出てくる弁護士は、ましなのがまだ多いけどね。



そして、‥‥いじめられてる子がまだいました。

ポーがいじめられていたとは‥‥。
加地なんかにサインを送ったりはしていたが、時既に遅し‥‥。
っていうことで、あのまま飛び降りるってことは多分ないだろうだけど。
ニワトリを自分に置き換えたあの詞がなんとも‥‥。

前回、仁科朋美が実は怪しいとか書いたけど、全然見当外れだったようです(汗)


毎回言うようだけど、加地にムカつくのはこのドラマの仕様みたいだねww
なんだこの一年での変わりようは‥‥、雨木2号かよ(苦笑)
最後にこいつが救われるような展開はゴメンだわ、真実を知り苦悩してもらいたいもんです。

大城は昔とは逆になってるね。
最終回時に1番変わってるのはこの人だろう、原告側に協力とかもある‥‥かも。


雨木の息子の音也は、出所した模様。
あのシャツの赤いのは血だよね?
どういうことだろう、リストカットとかかな‥‥?
包丁をわざわざ閉まったのが意味深。



さて裁判はどうなるだろう。
職員室に協力者ってことは、まあ吉越の可能性が高いかな。


今回もこのドラマの結末を色々考えたんだけど、裁判の勝ち負け、大人たちのこと云々で、生徒たちの方はどうするのかなぁと。
ここの描き方は、とても難しいと思う。
いじめた生徒たちのあのあっけらかんとした態度からして、そう簡単に変わるわけも無いし脚本的にも無理がある。
難しいっすね‥‥。

私的には、この世から消えて欲しいんだけども。




加地は神様じゃないぞw
 にほんブログ村 テレビブログへ



わたしたちの教科書 公式サイト


Water Me
Water Me
BONNIE PINK


【CAST】
積木 珠子(30) ・・・・ 菅野 美穂

加地 耕平(24) ・・・・ 伊藤 淳史

大城 早紀(27) ・・・・ 真木 よう子
吉越 希美(25) ・・・・ 酒井 若菜
戸板 篤彦(29) ・・・・ 大倉 孝二
八幡 大輔(25) ・・・・ 水嶋 ヒロ
熊沢 茂市(45) ・・・・ 佐藤 二朗
雨木 音也(20) ・・・・ 五十嵐 隼士
宇田 昌史(30) ・・・・ 前川 泰之
大桑 久雄(40) ・・・・ 戸田 昌宏
日野 圭輔(?) ・・・・ 小市 慢太郎

瀬里 直之(36) ・・・・ 谷原 章介

藍沢 明日香(14) ・・・・ 志田 未来

雨木 真澄(53) ・・・・ 風吹 ジュン


≪2年3組≫
仁科 朋美 ・・・・ 谷村 美月
山田 加寿子 ・・・・ 鈴木 かすみ
須藤 彩佳 ・・・・ 柳田 衣里佳
山西 麻衣 ・・・・ 伊藤 沙莉
野部 千春 ・・・・ 山本 ひかる
兼良 陸 ・・・・ 冨浦 智嗣
本多 雅樹 ・・・・ 池田 晃信

洋食屋『ぶらじる』コック ・・・・ 土田 アシモ
洋食屋『ぶらじる』おばちゃん ・・・・ よしの よしこ


プロポーズ大作戦 第7話 「恋と花火はいつ散りますか?」

あらら、予想通りの展開になってしまったよww


望んでいたとおり、エリとツルの関係が変わってくれた!!
健の現在が変わらないなら可能性は薄いと思っていたが、まさかねぇ(笑)
しかも健の言葉のおかげとは、なんとも皮肉なもんです。


それで私的にはどうなろうが知ったこっちゃない健はというと、結局またも有言不実行なわけで‥‥。
さっさと言えよボケww

追い詰められても行動に移せない奴って私的に凄くイライラするので、今週ほどイライラした回は無かったね。


それに比べて多田はよく言った。
王様ゲームで告白とは‥‥(苦笑)


今週の驚きは、幹雄が普通に健がタイムスリップしてきてたのを信じてる件ねww
この現代ドラマのテイストで、いきなりそんなこと言うとは‥‥。

そんなこと言われた健が、やっぱりタイムスリップしたいと妖精にお願いするんだろうなぁ。



健のバ〜カ↓
 にほんブログ村 テレビブログへ


プロポーズ大作戦 公式サイト


【CAST】
岩瀬 健 ・・・ 山下 智久
吉田 礼 ・・・ 長澤まさみ

奥 エリ  ・・・  榮倉 奈々
榎戸幹雄  ・・・  平岡 祐太
鶴見 尚  ・・・  濱田 岳

伊藤松憲 ・・・ 松重 豊

妖精   ・・・  三上博史(特別出演)

多田哲也  ・・・  藤木 直人


主題歌 ・・・ 「明日晴れるかな」桑田佳祐
(タイシタレーベル/
 スピードスターレコーズ)


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
7月期テレビドラマ視聴リスト
■救命病棟24時 〜救命医・小島楓〜
■赤鼻のセンセイ
■任侠ヘルパー 
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
カウンター
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座