<< プロポーズ大作戦 第6話 「10代最終日 何を卒業しますか」 | main | スペシャルドラマ 「めぞん一刻」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2009.08.20 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

BLUE DRAGON 第四話から第七話まで

お知らせしていたとおり一気に観ました〜。


まず四話ではマルマロ登場。
鳥山さんアニメ恒例のスケベキャラは、こいつのようですなぁw
クルックのパンツ(笑)』に釣られたマルマロとの誤解は、イワノフ・グスタフとの戦いで解け、マルマロもシュウたちと旅を共に‥‥。


五話ではゼネラル・ロギ登場。
ゾラと彼の間には何かがあるようですね、あの顔のキズはゾラによるもののようだし。

ネロにゾラたちを片付けろと言われた時に、変に庇ってたのはどういうことなのか‥‥。


そしてこの戦いで、シュウの力が覚醒。
目の前で仲間がやられていくのに自分は何も出来ない‥‥。
そこにブルードラゴンが語りかけてきて、力を促す。

そしてブルードラゴンはシュウを認めたとは言えないものの、シュウは影を自らの意思で呼び出すことが出来るようになった。


六話ではアニメオリジナルキャラ・ブーケ登場。
またこの子が天然っつーかアホっつーか‥‥w
今回だけの登場なのかな?


七話ではレゴラスを連れ、ジブラル城へたどり着いた先での出来事。
ゾラがレゴラスを護衛を引き受けたのは、報酬として王への謁見を頼んでいたからだったが、レゴラスが不審人物として連行されてしまう。

その原因はと言うと、この街で起こっている謎の幽霊騒ぎが原因。

そこでシュウは、この事件を解決したら王にも謁見出来るかもしれないと提案し、みんなは手分けして調査を開始する。

そしてその犯人を倒し、王に謁見‥‥っというところで次週へ。
木の影にいた女性は‥‥!?




 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ


ブルードラゴン 公式サイト


ブルードラゴン(特典無し)
ブルードラゴン(特典無し)


【スタッフ】
Xbox 360(マイクロソフト)"BLUE DRAGON"より
原案:       坂口博信
キャラクター原案: 鳥山明

監督:          ユキヒロ マツシタ 
シリーズ構成:      大和屋 暁
キャラクターデザイン: 二宮 常雄
音楽:          植松 伸夫
            大橋 恵
音響監督:       高桑 一
美術監督:       谷村 心一
色彩設計:        いわみみか。
撮影監督:       松本 敦穂
編集:         松村 正宏
製作:         テレビ東京
            studioぴえろ


【キャスト】
シュウ:      根本圭子
ジーロ:      浪川大輔
クルック:     葉月絵理乃
マルマロ:     雨蘭咲木子
ゾラ:       朴 璐美
ブルードラゴン:  高塚正也
ミノタウロス:   落合弘治
サーベルタイガー: 堀川仁
ブーケ:      中島沙樹


オープニングテーマ:橘慶太「FRIEND」
エンディングテーマ:山田優「Fly So High」


スポンサーサイト


  • 2009.08.20 Thursday
  • -
  • 15:10
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
7月期テレビドラマ視聴リスト
■救命病棟24時 〜救命医・小島楓〜
■赤鼻のセンセイ
■任侠ヘルパー 
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
カウンター
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座