<< LIAR GAME 〜ライアーゲーム〜 ♯06 | main | プロポーズ大作戦 第6話 「10代最終日 何を卒業しますか」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2009.08.20 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

精霊の守り人 第七話 「チャグムの決意」

なんだか微笑ましいエピソードでしたなぁ。


世の中のことを何も知らないチャグムが、バルサとの新しい生活の中で現実を知っていく。

バルサやタンダは迷惑だなんて思っているわけもないが、それでもチャグムは『もう迷惑はかけられない』と二人に大事な話を切り出した。

これからは一人で生きていくと‥‥。

しかし、神妙な面持ちでチャグムが言ったことに対し、バルサとチャグムは笑い出した
誰も迷惑だなんて思ってないよ‥‥と。
涙するチャグムでした、ちゃんちゃんっと(笑)


一方、チャグムが死んだと思っている宮廷はというと‥‥。
帝は異例にもチャグムの像を建てさせたり、それぞれが喪に服しているといった描写。

そんな中シュガは、ヒビトナンに『建国の碑文書の解読の必要は無くなった、星読みの仕事に戻るように』と言われた。
それは勿論、水妖の脅威、乾の相も消えたかに他ならない。

しかしシュガは気付いた、乾の相が消えていないことに‥‥。


っと言うわけで、1番初めに気付いたのはシュガでした。
彼がどういう行動に出るのか‥‥、楽しみにしてましょう。


次週は、鍛冶屋で「ジグロ」の存在が…。



精霊の守り人 第1巻 (初回限定版)
精霊の守り人 第1巻 (初回限定版)


一人ぐらいバルサに気付くだろと思った人↓
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ


スポンサーサイト


  • 2009.08.20 Thursday
  • -
  • 15:59
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
7月期テレビドラマ視聴リスト
■救命病棟24時 〜救命医・小島楓〜
■赤鼻のセンセイ
■任侠ヘルパー 
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
カウンター
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座