<< 安定感はある「ごくせん」 | main | 木村拓哉に一言 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2009.08.20 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

テレビドラマ界の現状を嘆く

今期の春ドラマへのモチベーションが続かない。

以前のように定期的にレビューを書けなくなってしまっている。

ずば抜けて面白い作品にここ最近出会えていない。

思えば2006年をピークにそういったドラマが減った。

また出会えるのだろうか?

少なくとも今期の作品にはそれに該当する存在が無い。

……悲しい現実だ。

万人受けするようなコメディ系の作品にはうんざりだ。

シリアス系の作品では視聴率が獲れないのは分かるが

そういった作品が少なくなって悲しんでる人間が居るというのに。

視聴率至上主義の作品作りが変わる日はくるのだろうか?

演技力皆無なイケメン俳優や可愛いだけの女優はもう見たくない。

まあその点に関しては今も昔も変わってないんだけど。

でもそれ以上に昔のテレビドラマは作品その物の面白さで

グイグイと視聴者を引き込む何とも言えない不思議な魅力があった。

上手く説明出来てないが、今のテレビドラマにはそれが無いんだよ。

受け手としては待つしか出来ない。

作り手が魅力的な作品を提供してくれるその日まで……。


スポンサーサイト


  • 2009.08.20 Thursday
  • -
  • 23:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
7月期テレビドラマ視聴リスト
■救命病棟24時 〜救命医・小島楓〜
■赤鼻のセンセイ
■任侠ヘルパー 
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
カウンター
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座