<< #11 ドラマ実記 (久々の法律ドラマ) | main | 久々です >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2009.08.20 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

#12 ドラマ実記 (薔薇のない花屋&斉藤さん)

薔薇のない花屋 第2話 (公式HP

まさかの元ホストも院長の差し金‥‥。

木村拓哉が言ってたように、誰を信じていいのかよく分からなくなってきた(苦笑。
今回のメインの菱田さん(池内淳子)だって、もしかしたら,と考えてしまう‥‥。
人を疑いだすときりがないが、そんな人間のボーダーラインを野島氏は突いてくる。

話の展開は大体読めてきた。
以前予想したように、『彼女』は間違いなく院長の娘。
その彼女と出会った頃の英治(香取慎吾)は、今の英治とは正反対の人間。
そんな彼女と出会い、徐々に変わっていった英治だったが、彼女は雫を産んで死去。
院長は、(言い方悪いが)娘を殺したのは英治だという風に考え、復讐に打って出る、と。

そして、院長の放った差し金たちは英治に近づいていく。
美桜(竹内結子)に関しては、父親の手術は私じゃなきゃ成功しないとか院長に言われて、
仕方なくといったところだろう。大嫌いな父親だけれど、やはり見捨てれない‥‥。

次週から、『裏・英治』のような人格が垣間見えそうな予感。
美桜が襲われてた(?)けど、おそらくボッコボコにするな、いや間違いなくするよあの目は。


斉藤さん 第3話 (公式HP

ドラマ好きでなおかつ口うるさい家の母親が観てるぐらいだから、面白いんでしょう。
まあ母親に実際に聞いては無いけど、22時以降のドラマを眠気を惜しんで観てるのは、
「Dr.コトー診療所2006」以来だから。ちなみに、香里奈主演の「だいすき!」も昨日観てた。

それは置いといて、この作品の醸し出す空気感が良い。
実際には作品というより、女優・ミムラの魅力が生み出す空気感かな。
やっぱり上手、さすがデビュー作が月9主演という前代未聞の経歴の持ち主。
相手の顔色を伺いながらの演技は特に素晴らしい。最後の応援歌もね(笑。

最近のドラマ界は同じ役者を使いまわして、組み合わせも同じでマンネリもいいとこ。
そんな状況を打破してくれそうなミムラ。テレビ局にはどんどん起用して頂きたいです。


スポンサーサイト


  • 2009.08.20 Thursday
  • -
  • 16:09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
7月期テレビドラマ視聴リスト
■救命病棟24時 〜救命医・小島楓〜
■赤鼻のセンセイ
■任侠ヘルパー 
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
カウンター
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座