<< 探偵学園Q #3 「小さな恋に魔の手が迫る!」 | main | 夏風邪とメタルギアソリッド4の凄さ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2009.08.20 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

日本、サウジアラビアに敗れる 〜選手層の薄さは明白〜

負けちゃったなぁ‥‥。


サウジ恐ろしや、想像以上だった。
日本人はドリブルでガンガン仕掛けてくる相手に弱いんだなぁと改めて痛感した、個を組織で潰すことは出来なかった。

前半の立ち上がりは日本ペース。
ここで得点を挙げれないのが今の日本というか昔からの日本代表で、そのあとサウジがどんどん仕掛けてきた。ここで日本は耐え切れなくなり、セットプレーから失点。
また先制された‥‥と思ったが、今の日本は直ぐに追い着く。
同点で折り返し、そして後半。
立ち上がりの入り方をマズった日本は逆転弾を浴びた、けれどまた日本は追い着くのです。
しかしサッカーの神様は、3度も日本にチャンスを与えることはしなかった‥‥。


お互いにコンディション的にきつかったのは確か。
日本は先発メンバーが固定されていて、サウジは移動の疲れもある。それでもサウジは個人で局面を打開する力があるから、ある程度引いても、2〜3人で攻撃を形成することが出来る。
ある意味、アジアのこの猛暑に1番適した戦い方をしていたのかもしれない。

オーストラリア戦に勝ったことで気が抜けたってことは無いだろうけど、サウジの打開力が想像以上だったのは、自分たち観てる側も選手たちも感じた共通認識なのではないかと。



Q:日本はスローなビルドアップだったが、それはなぜか?

「スローなプレーにはそれなりの理由がある。最初の理由は疲労だ。もうひとつの理由は速いプレーを許されなかったこと。サッカーは相手なしで自由にできる競技ではない。確かにプレー全体がスローだった。中心選手が疲れからアイディアを欠いていた。つまり疲れているとアイディアが沸くのもスローになってしまうものだ」

Q:克服しなければならない課題とは何か?

「何を解決しないといけないか、話すと長くなる。こちらのベストな部分をさらによくしなければならないということだ。世界のサッカーの発展に沿った発展をしないといけない。最もアイディアのある選手たちが、よりスピードがあって、より多く走ることができ、選手としての全面的な能力を備えている。全面的とはさまざまな役割を果たすことができるということ。つまり、今の中心選手の中には、自分にはできない、あるいは苦手なポジションがあるということだ。誰とは名前を挙げないが、よく試合を見ていれば誰について話をしているか分かると思う」

Q:1試合も失点ゼロに抑えられなかったのは、何が原因だったのか?

「どういうシーンで失点したかを分析しないといけない。もうひとつ、我々はリスクを冒してプレーしていたということだ。リスクを冒すということは失点する確率も高いということ。相手の2トップに対して、2人のストッパーで守備を長い時間続けたわけだ。そのリスクを冒すことで、もう1つ別のポジションでフリーになる選手が1人出てくるという考え方だった。それがプレーメーカーだったり、素晴らしい選手だったりするわけだが、逆にリスク回避してリベロを置く、つまり3ストッパーを相手の2トップにつけるとするならば、中盤での数的優位を失われることになる。そのどちらを選ぶかだが、私は今のサッカーの信奉者である。その方が魅力的ではないだろうか。その方がオープンなゲームになるし、美しいフットボールになる。しかし今日は残念ながら何かが伴わなかった。何が足りなかったかはお分かりだろう」



上記は、試合終了後のオシム監督のコメント
これを読んだ上で(まだ終わってないけど‥)このアジアカップの総評をするならば、結局のところ、今の日本代表の選手層の薄さを如実に表した大会だったのではないかと。
結局は替えがきかないから、疲労の濃い選手たちを入れ替えずに戦かったんじゃないかな。
この固定された11人が最も信頼する11人であり、替えがきかない。

とは言っても、自分は何人かにはハァ?って感じですよ(苦笑)
駒野や加地のあの精度の低いクロスを見てるとイライラしてくる、日本には素晴らしいクロッサーの1人や2人は居ないのか。
あんなんだったら中村俊や遠藤を、如何にサイドでフリーでクロスを上げさせるか徹底させた方が良かったんじゃないかな‥‥。
セルジオ越後がうるさいぐらいにネチネチとシュートを打てと言っていたが、それは日本代表の問題というより日本サッカー界の問題だから。オシムが「チャンスのシーンは必ずシュートを撃て」って選手に言えば改善されるかもね。
もしかしたらオシムを気にするあまり、シュートを撃つタイミングが分からなくなって躊躇してるんじゃないかな?
例えば中村俊が「個人技を出すタイミングが難しい」と言ってたり、ちょっと前だと中村憲がシュート撃ったことに激怒したり。でもやっぱ撃つべきなんだよ、だって良いシュートを持ってるんだもん。パスを回すにしてもサイドを崩して展開ってのもあるけども、如何にいい位置で能力ある選手たちにシュートを撃たせるかってのを考えてやって欲しい。


選手交代についてだけど、矢野とか佐藤寿の投入なんてのは仕方なくって感じたよ自分は。
出来ることなら遠藤だって中村憲だって下げたくはない。でもコメントにあった通り、中心選手が疲れからアイディアを欠いていたってのはそういうことでしょ。
そのコメントの意図するもう1人・中村俊も下げたかっただろうけど下げなかったのは、やっぱ替わりはいないってことさ‥‥。

このオシムジャパンは中盤、特に(前者の2人)中村俊・遠藤・中村憲がゲームの良し悪しの鍵を握っているってのがオシムのコメントを読む限り、というか試合を観てれば思うところ。
それと同時にオシムのコメントにある日本のベストな部分ってのは、まさにこの部分の事だろう。
こういう疲労の濃い状況下の時に替わりの選手が出てくることや、新たな攻撃オプションの形成なども大事だよね。
まあオシムが就任してまだ一年だし、ここからじゃないかな。

3位決定戦は韓国と対決。
フレッシュな選手と入れ替えるって言ってたから、さすがにメンバーは入れ替わるだろう。
控えにいた選手、出る選手には意地を見せてもらいたいところ。


それにしても負けたこともそうだけど、コンフェデに出場できないのは色々な意味でもっと残念‥‥。



 にほんブログ村 テレビブログへ


スポンサーサイト


  • 2009.08.20 Thursday
  • -
  • 10:49
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
7月期テレビドラマ視聴リスト
■救命病棟24時 〜救命医・小島楓〜
■赤鼻のセンセイ
■任侠ヘルパー 
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
カウンター
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座