<< ドラゴンクエストソード 「セティアの可愛さは異常」 | main | 探偵学園Q #3 「小さな恋に魔の手が迫る!」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2009.08.20 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

今度は勝った、オーストラリア戦!!

試合速報/詳細|日本 対 オーストラリア −AFCアジアカップ 2007−


良かった、本当に良かった。
もうなんか見てて疲れたよ、高原の同点ゴールには思わず「よし!!」って大きな声が出てしまった。

試合自体は日本ペースっていうか、豪州はビドゥカ一辺倒で今回は完全に中澤がシャットアウトしてたし、やはり戦い方次第でどうにでもなるんだなぁと。それでも豪州の力強いプレイは、やはり怖いのも事実‥‥。
日本は相手のプレスが厳しく、グループリーグのようには中盤でゲームを作れなかったかな。
それでも要所で何度も「点を取れる!!」っていう決定的チャンスはあったんだが、簡単には決まらないもんで‥‥。
豪州に先制された時、嫌な予感がしたのは確かなんだけど、ベトナム戦のように今の日本は冷静に追い着く力がある、選手たちは観てる側と違って冷静なんだよね(笑)


同点になった後は、豪州は退場者を出し、途中出場のキューウェルの1人サッカー状態。
ほんとキューウェルって俺は好きじゃないんだよな、いつも怪我がちなのは何なんだろう。何年か前のチャンピオンズリーグで、前半のうちに怪我で交代したのには苦笑いしたなぁw

そしてPK戦。
川口が2連続セーブ、中村俊とヤットが決めた時点で内心勝ったなと思った(笑)
そして結果は日本の勝利、準決勝へと駒を進めたわけです。


復讐だとかはどうでもいいけどさ、別にあの時と同じ監督・選手・環境で戦ってるわけじゃないし。
ただそれでも豪州に勝利したっていうのは、なんていうかようやく区切りがついたっていうか、日本サッカー界にとって、サッカーファンにとってとても意味のあるものだと思う。

まあこの勝利の余韻はここまでで、次の試合に目を向けようじゃないか。
サウジかウズベキスタンだけど、多分サウジになる可能性が高いのかな。その方がアジアカップ最終予選で2度戦ってるから相手の事を分かってる分良いのかも。
しかもあの時は中村俊と高原は居なかったので、アウェイでは負けてる分今度はボッコボコにして欲しいところですw


余談ですが、この裏で放送されていた「時をかける少女」を観ようと思ってたんだけど、PKまでいっちゃったから観なかったw
低視聴率が目に浮かぶねぇ、ファーストキスも対ベトナム戦の影響かガクッと初回から下がったからね(苦笑)



 にほんブログ村 テレビブログへ


スポンサーサイト


  • 2009.08.20 Thursday
  • -
  • 23:22
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
7月期テレビドラマ視聴リスト
■救命病棟24時 〜救命医・小島楓〜
■赤鼻のセンセイ
■任侠ヘルパー 
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
カウンター
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座