<< ライフ #2 「話題沸騰衝撃の展開!!今夜遂にイジメの標的に!?追い詰められていく歩!」 | main | ファースト・キス 第1話 「妹は悪魔だった!!」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2009.08.20 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

初戦はやっぱりドロー 【アジアカップ・日本vsカタール】

引き分けです、勝ち点1です、オシム激怒の模様です‥‥。


前半の戦いぶりというかこの雰囲気ならスコアレスドローかな‥‥と思っていたら、後半16分に高原のゴールで先制。

そこから前掛かりになるカタールに対し日本は、DFは相手の攻撃をシャットアウトし、中盤から前は相手を交わすボールの動かしっぷり。日本はそうやりながら前掛かりになるカタールを捌きつつ、1タッチ2タッチ内でのパス交換から次第に何度か相手ゴールへ近づいた。
やはり遠藤や2人の中村はスキルが高い、フィニッシュへ直結するパスの流れは見ていて気持ちがいい。そこに羽生が投入され、作られたスペースを周りの選手が有効活用していく、特にサイドで。
(山岸は動きは良いのに、最後が全くダメ。橋本は明らかに場慣れしてないね、まあしょうがないか‥‥じゃ済まないよ)

しかし追加点は入らず、仕舞いには同点FKを許してしまう。
この発端は阿部のファール。とは言え、最終ライン裏へのパスが出る前の数回の浮き球の繋ぎに対するプレッシャーが無かったからなわけで。(高原も言ったように)
まあ、あの場面でFKを与えちゃいけないよね。
その後、相手の10番・ヤセルの退場劇+カタールの監督も退場?になり、モヤモヤッと試合は終了。

う〜ん、これだからサッカーは恐ろしい。
どんなに相手より運動量、戦術、スキル、そして内容的に優っていても、ちょっとしたことで天秤は相手へと傾く‥‥。


試合後、インタビュアーと通訳が可哀想になるようなオシムの怒りっぷり。
試合内容は嘘偽り無く日本が圧倒的に良い試合をしていたのに、ミスだったりが影響し勝てる試合をみすみす逃した、そんな試合にオシムの悔しげな感情が滲み出たコメントというところか‥‥。

まだ初戦であってグループリーグはあと2試合残っているわけですが、悲観する必要も無く最後に予選突破してればいいわけなので‥‥。
次の試合で勝ち点3を取ってもらえれば、と。



 にほんブログ村 テレビブログへ


スポンサーサイト


  • 2009.08.20 Thursday
  • -
  • 22:33
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
7月期テレビドラマ視聴リスト
■救命病棟24時 〜救命医・小島楓〜
■赤鼻のセンセイ
■任侠ヘルパー 
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
カウンター
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座